SI運営総合本部事務局さくらの詐欺情報 |

SI運営総合本部事務局のさくらが世の中の詐欺や悪質な情報、悪徳業者の事について調べてみました!

イラクディナール投資とは? 法律は? そんな疑問にお答えします

2012.03.04 Sun

18:30:21

イラクの通貨「ディナール」を持つ、「外貨預金」のような投資です。

イラクは、世界第3位の原油埋蔵量があり、中東最大級の経済的可能性を秘めています。


「1イラクディナール」は、建国後ずっと、160円以上の価値がありました。

その後、1990年からの戦争で暴落。 現在は約0.08円、とても安くなりました。

上下の差は、2,000倍程度あります。

今、安い価格で通貨を入手して、
今後イラクの経済が復興し、通貨価値が回復したときに、
日本円に換金して利益を得ることを期待しています。

戦後の経済発展を応援する、期待値の大きな投資なのでとても楽しみだと思います。

利益が出るまで数年かかると思います。 価値が上がらず、紙幣を入手するためにかかるコストを 損する可能性もありますが夢のある投資だと感じております。

商品を見てみる ≫

イラクディナール投資が(注目されている)理由
テレビ・新聞・雑誌等が注目


−日経ビジネスの特集より抜粋−
『イラク、成長性は中国以上 通貨値上がり期待で日本にも投資熱』

治安さえ回復すれば、世界第3位の石油埋蔵量を誇るイラクの経済成長は、
長期的な資源価格の上昇を考えれば充分に想定できる――

イラクディナール投資はたくさんのお客さまやテレビ・新聞・雑誌等からご関心をいただいています。



豊富な「原油」による、確かな資産価値
•イラクの原油埋蔵量は世界第3位。
世界のエネルギー需要は増加する一方です
世界各国の「投資競争」がスタート
•欧米・アジアの各国の間で、イラクでの油田開発の利権を確保するために、
激しい競争が始まっています。
「実績レート」と「現在レート」の幅が大きい
•イラクディナールの価値は戦争等で暴落。
以前400万円以上だったものを、
今なら数千円で入手可能。回復が大きく期待されます。
悪質な業者にご注意ください
イラクディナールを利用した 『投資詐欺』の被害報告
消費者庁も注意喚起をしている通り、イラクディナールを利用した 『 投資詐欺 』 業者による被害について。

イラクディナール投資に関する悪質な勧誘方法

消費者庁が注意喚起する、悪質業者の典型的な例は、以下のような内容です。

      【悪質な例1】 販売価格が適正価格よりはるかに高価
               (例:1枚あたり 10万円)

      【悪質な例2】 紙幣を販売する会社が換金保証をしていない

      【悪質な例3】 元本を保証している (出資法に違反している)

      【悪質な例4】 電話やDMで繰り返し勧誘が来る

上記のような悪質業者が増えていますので、被害に遭わない様にご注意ください。
※イラクディナール投資自体が、投資詐欺なのではありません。

オススメ情報