SI運営総合本部事務局さくらの詐欺情報 |

SI運営総合本部事務局のさくらが世の中の詐欺や悪質な情報、悪徳業者の事について調べてみました!

宅配業者“手助け” 化粧品詐欺が横行 販売会社の情報隠しも

2012.05.02 Wed

18:56:44

SI運営総合本部事務局さくらの詐欺情報

中国で、数年前から電話を使った化粧品販売の詐欺が横行している。代引きを利用した支払いシステムのため、開封後、偽物と気づいたときにはすでに手遅れというわけだ。

 ◆「3000元が298元で」

 本紙(南方日報)が取材を進めると、宅配業者による販売会社の情報隠しといった“手助け行為”の実態も明らかになった。詐欺行為に関わる法的責任は発生しない宅配業者だが、“手助け行為”が発覚しても、責任は問われないのだろうか?

 広東省佛山市に住む王さんは昨年末、1本の電話を受け取った。あるサイトの会員である王さんに3000元(約3万8000円)相当のロレアル化粧品6点セットが当選し、298元の宅配料金のみを負担すれば受け取れるという内容だった。

 商品が手元に届いて偽物と気づいたが、ロレアル側に問い合わせても、「電話はかけていない」との回答。販売会社の電話番号は通じず、追跡調査を依頼したは宅配業者は「調査中」と繰り返すばかりで埒(らち)があかなかったという。

 本紙の調査によると、こうした“偽ロレアル”事件は全国で多発しており、08年にメディア報道で問題が明るみに出たものの、いまだ多くの消費者が被害に遭っている実態がある。

オススメ情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら