SI運営総合本部事務局さくらの詐欺情報 |

SI運営総合本部事務局のさくらが世の中の詐欺や悪質な情報、悪徳業者の事について調べてみました!

投資詐欺:他にも9件、計97億円

2012.01.12 Thu

19:14:59

モンゴルでの事業出資をうたった詐欺事件で、投資顧問会社「グローバルアイズ」(東京都港区)が「モンゴルファンド」以外にも国内不動産投資などを名目とした9のファンドを次々と作り、総額約97億円を集めていたことが捜査関係者への取材で分かった。このうち約5億円は自殺した同社の創業者の男(当時53歳)に流れていた。警視庁は男が事件を主導したとみて、容疑者死亡のまま、詐欺容疑で近く書類送検する。

 捜査関係者によると、男は08年12月に同社を設立。モンゴルファンドなど計10のファンドを売り出し、出身地の北海道を中心に、「多額の配当が見込める」などと出資を募った。モンゴルファンドに運用実態はなく、他のファンドでも、集めた現金を配当に回す自転車操業を繰り返していたという。

 男は、社長を退任する09年6月までに、役員報酬や不透明な資金の流れで約5億円を受け取り、遊興費などに使ったとみられる。逮捕された同社元社長の河原正佳容疑者(52)の役員報酬は約4000万円で、男の取り分は突出していた。

 警視庁は10年2月、同社の関係先を金融商品取引法違反容疑で家宅捜索。任意の事情聴取に男は「(顧客に)うそを言って信用させた」と供述したという。男は10年11月に自殺する直前、親しい関係者に「もうすぐ逮捕される」と話していたという。

si運営総合本部事務局

オススメ情報

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら